六麓荘町の自治組織 

〜 六麓荘町町内会 〜 



 当初は開発会社、釜Z麓荘 が町内会の機能をかねていたのですが、 やがて住民による六麓荘会という町内会の前身のようなものが出来ました。 しっかりした組織としての町内会が出来たのは戦後のことです。 現在での町内会は、六麓荘町町内会会則のもとに約15名の理事によって構成されており、 総務、民生防犯、文化広報、建築協定運営委員会があります。 事務局には常勤の事務長がおり、各家庭と電話ならびにメールやインターネット ファックスで一斉に連絡をするシステムが出来ています。

 会則にうたわれている目的は、「環境、風致の保全と町の健全な発展及び治安、 会員相互の親睦」です。この目的を実現するために当町内会は六麓荘土地 (社長:町内会長)を支配経営しています。この会社に、町内を走る道路などの土地 37,082平方メートルと六麓荘倶楽部(町内会館)の建物を所有させています。

 なぜ道路を私有にしていたのか、その理由は色々あったと思われますが、 この道路を所有していたことが六麓荘のまちづくりにおける大きな武器になりました。 もしもこの道路を所有していなかったら、 紳士協定である建築協定だけで独自のまちづくりを進めることはできなかったでしょうし、 今日の六麓荘は無かったといえましょう。

 写真にある六角形の六麓荘倶楽部も補助金などに一切頼らず自分たちで作ったものです。 二階は会議、講演会、文化サークル活動等々に有益に利用され、 一階は六麓荘町駐在所になっています。昭和43年に竣工した建物は阪神大震災などでも 被害があり補修をしてきましたが、これからも有意義に活用すべく、将来の大規模修繕などに 向けた資金の積立をすることになりました。

(写真 六麓荘倶楽部 と 戦前の六麓荘会の書類)

会館
ダミー 会館
  トップページに戻る
left 前の話題へ:建町精神 up 六麓荘町のご紹介に戻る / 次の話題へ:ロゴマーク right
  サイトマップへ